« ぎょぴ初入院③ | トップページ | ぎょぴ療養生活⑤ »

ぎょぴ入院~退院④

入院2日目の朝、ぎょぴの様子を伺うと、

その後の強制給餌は吐くことがなく、

慣れてくれたようで、まずはホッとしました。

入院も様子を見ながら継続することに。

初めの頃より左目が腫れてきたので、

点眼薬では痛みが抑えられなかった様です。

元々、私が見えないと呼び鳴きする子。

痛み止めの薬が効いてきたのか、

病院では、とにかく落ち着きがなくて、

足をバタバタしすぎて出血してしまい、

指に絆創膏を巻かれる始末。

布をかけたり紐があると落ち着く事、

サフラワーや燕麦は食べない。

ペレットはズプリーム。

蕎麦の実やヒマワリの種が好きなど、

飼い主でしかわからない事を、

面会時、先生に伝えました。

プラケースの中で当初1日5回の強制給餌。

なかなか増えなかった体重も

ほんの少しづつ増えはじめたのですが、

自分から食べようとしないので先生と相談して

徐々に5回から3回に減らした強制給餌を

再び増やしての試行錯誤。

入院生活13日。なんとか体重を84.5gに上げて、

退院することになりました。

(先生、大変お世話になりました)

ぎょぴ、頑張ったね。。。→⑤へ

Tori772pg

にほんブログ村 鳥ブログへ

|

« ぎょぴ初入院③ | トップページ | ぎょぴ療養生活⑤ »