« 春雷の前。 | トップページ | ぎょぴ体重減少② »

ぎょぴの異変、病院へ①

3月初旬、夜の放鳥タイムの出来事でした。

いつもようにケージから出して膝に乗せた時、

ぎょぴが左目をずっと閉じているのです。

Tori769pg

その日の朝に異変は無く思い当たることも無し。

翌日、病院を予約して連れて行きました。

先生のお話では左目の水晶体がずれていると。

飛んで物にぶつかったり、老化でも起こるとの事。

ぎょぴは22歳で飛ぶことがほとんど無いので、

老化が原因なのかもしれません。

点眼薬をもらって2週間後に来院予定です。

点眼薬は痛み止めなので朝1回点眼し、

保温30℃キープで、様子を見ることに。

家に戻り、原因がわかってほっとしたのも束の間、

ぎょぴがご飯を食べなくなってしまいました。

高齢になってからよく寝ていて、

ご飯タイムも通常、朝より午後からが多いのですが、

それでも、明らかに食べようとしないのです。→②へ

にほんブログ村 鳥ブログへ

|

« 春雷の前。 | トップページ | ぎょぴ体重減少② »