« バンビの再会。 | トップページ | あと、少し。 »

大好きな・・・。

4月に大叔母が亡くなり、バタバタしていた同時期、

父も体調を崩して、入院中でした。

家族で昨年から病院と家の往来が始まり、

気持ち的にも、落ち着かない日々が続きました。

父は、一時の危険な状況を頑張って乗り越え、

5月にやっと家に戻れたのですが、

それから2週間後、天国へ旅立ちました。

誰もが経験しなければならない親との別れですが、

大好きな父との別れは、まだ現実味がありません。

ただ、一緒に出掛けたり、旅行に行ったり、

誕生日や父の日のプレゼントを

とても喜んでくれた父に、

もう何もしてあげられないことが、悲しい。

父は6人兄弟の次男なのですが、

兄弟の中で一番初めに旅立ったので、

叔父・叔母たちが駆けつけてくれました。

そして口々に若い頃、田舎から東京へ出る時、

とても父に世話になったんだと、

涙ながらに話してくれました。

私の知らない、若かりし頃の父を知り、

より誇らしい気持ちになりました。

いつも優しくて、穏やかだった父。

鳥も猫も、自然と家にいる子たちが懐いてた。

ももきちのことも、可愛がってくれました。

天国で大叔母や歴代のオカメたちと会ってるかな。

お父さん、ありがとう。ずっと大好きです。

これからも空の上から見守っていてね。

Kotonoha7

若かりし頃の父と公園にて。

|

« バンビの再会。 | トップページ | あと、少し。 »