« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

とりッずフェア福岡&納品情報。

作品をお取扱いしていただいているお店の件で、

お知らせがあります。chick

『とり村さんのとりッず』でお世話になっていましたが、

『とり村クリエイターズ』に移行という形で、

引き続き、お世話になることになりました。

また、先月からCAP!さんの『CAP!クリエイターズ』にも、

新たに加わることになりました。

そして、6/16のとり村さん主催とりッずフェア福岡にて、

P-worksの作品が数点並ぶ予定です。heart04

納品した作品を一部ご紹介します。

Pottery369

オカメ・ノーマルちゃんのキャンドルホルダーです。notes

Clay370

こちらはモモちゃん。ぽってりした形がお気に入り。heart01

Clay371

赤い尾っぽのヨウムちゃんはブルーのドット柄です。note

Clay372

ライトを入れると、ほんわかと優しい光が漏れます。shine

Clay373_3

そして上から覗くと、鳥さんが描かれています。eye

Clay374_2

もう・・・大好きheart という気持ちが止まらない~。happy02

Clay375_2

それぞれの鳥さんへの想いを込めた、作品です。confident

Clay373

こちらは、オカメちゃんとクローバーの小皿です。clover

Clay374

ノーマルちゃんはクローバーを、お口にくわえてます。heart

Clay375

真ん中にちょこんと、オカメちゃんリングホルダー。cherry

Clay376

セキセイ・レインボーちゃんのキャンドルホルダー。notes

Clay377

ご機嫌とおねむの、白文鳥さんのカトラリー入れ。heart04

Clay378

パタパタセキセイちゃんのフリーボゥルです。sweat01

(※納品済みではありますが、とりッずフェアで、

どの作品が並ぶかは、わかりません。)

私は今回、直接販売はしないのですが、以前参加した

CAP!フェスタや鳥祭りはとても楽しいものでした。

今回、九州での催しは初ということなので、

鳥好きさんはぜひ、足を運んでみてくださいね♪

* * * * *

現在の【P-works作品のお取扱いSHOP】です。

・P-works Webshop(P-worksのHPにて不定期)

・BIRDMOREさんのMORENEST

・とり村さんのとり村クリエイターズ

・CAP!さんのCAP!クリエイターズ

手作り品なので、たくさんは納品できませんが、

お客様にとっては、お店の幅が広がって、

お求めやすいのではないかと思います

今後、それぞれのお店で納品する物の、

特色を出していくのも面白いかなと思っています。

また、無理のない範囲でイベント等にも、

参加していければと、思っています。

いつも本当にありがとうございます。confident

これからも宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

|

モモちゃんと応援?

昨日は家でザックジャパンを応援しました~note

W杯出場が決まって嬉しい~。happy01

Tori337

「あたちも、ザックジャパンの応援したよ!」

「うそ!モモちゃんその時間、寝てたでしょ!」

Tori338

「ありゃ、ばれた☆」

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

| | コメント (2)

鳥の博物館。

ジャパン・バード・フェステバルが毎年開催される、

我孫子市の手賀沼に行ってきました。

近くに鳥の博物館があるということで!

Odekake237

その前に、道の駅しょうなんでイチゴソフトクリームを。

さすがイチゴの産地だけあって美味し~い。heart04

地場野菜を買ったりと、のんびりしていたら時間が!

急いで鳥の博物館へ移動です。dash

Odekake238

こちらが鳥の博物館。一見マンションのようですが。

Odekake239

うんうん、間違いなく鳥の博物館です!chick

Odekake240

2階は手賀沼のパノラマ展示になっています。

Odekake241

写真で見ると、作られたものには見えません。

Odekake242_3

風景と鳥が一体化して、とても緻密に出来ています。

Odekake243

鳥さんの剥製がずらり。。。

ちょっと苦手ではあるのですが、その反面、

野鳥を間近で見ることができ、興味深くもあります。

Odekake244

鳥さんの巣や卵など暮らしや繁殖に関する標本。

Odekake245

内臓機能の標本・鳥類の骨格比較などの展示。

Odekake246

3階は鳥の起源や進化の過程がわかります。

Odekake247

史上最も背の高かった鳥『モア』と、

史上最も重かった鳥『エピオルニス』。

Odekake248

それから大好きな・・・今は亡き、『ドードー』。weep

人間によって絶滅に追いやられた鳥たち。

Odekake249

隣の展示室には、今も現存している鳥たちがいます。

ダチョウにはモアの面影が・・・

この鳥たちの生きている姿をずっと見ることが

できるかどうかは、人間にかかっているのですね。

Odekake250

ハシビロコウやフラミンゴ、鷹、鷲、サギ・・・

オウム類もいました。とにかく展示数がすごいです。

Odekake251_2

鳥の筋肉・呼吸・羽のしくみなどが図解されています。

Odekake252_2

さまざまな種類の鳥さんの羽。美しいです~。shine

Odekake255

もう野生では見られないトキの姿もありました。

閉館の時間が迫っていたので、速足で回りましたが、

想像以上に膨大な展示量で、充実していました。

これだけの資料を揃える労力を考えると・・・sweat02

見学ができてありがたかったです。confident

Odekake253

近くには手賀沼があります。環境の変化で、

野鳥が減っているのだそうです。

Odekake254

それでも、可愛いカモたちがいました。heart

現存している鳥さんたちは、現時点で最も

進化している鳥、ということになるのでしょうか。

Tori336

「おぅ~」と甘えてるももきちも、最新進化系なの??

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »