« 納品情報→MOREさん。TSUBASAさん。 | トップページ | 今夏の出来事。 »

とり村でボランティア。

先日TSUBASAさんのとり村で、ボランティアをしました。sun

午前9時スタートで、初めに大型インコさんのお世話から。

前日のご飯を全て捨て、ご飯入れ・水入れの洗い物~乾燥、

ケージの底の引き出し洗い~消毒、ケージ内・床清掃、

フン切り網の清掃、翌日のケージ準備、次に小・中型インコさん。

それからそれぞれの鳥さんに合った、お水、ご飯の準備。banana

掃除~ご飯の作業で3時間はあっという間です。

午後は中~大型鳥さんの放鳥、放鳥エリアのお掃除、

お薬の作り方、保定の仕方、投薬の方法を教わりました。hospital

そして、放鳥した鳥さんをケージへ戻す作業などなど。

とり村を後にしたのは、午後5時でした。

・・・・・これは男の人でも大変な作業だと思います。wobbly

これだけの羽数の鳥さんにそれぞれきめ細やかに、

かつ、スピーディにお世話をこなさなければなりません。

これをスタッフさんは毎日されています。shine

放鳥時間にお客様が心地よく鳥さんと接することが出来るのは、

スタッフさんの鳥さんに対する愛情と努力の賜物です。

大型インコケージに挟まれて作業している中、

背後からコンゴウちゃんが「ありがと~」と言ってくれます。happy02

放鳥時にはあまりおしゃべりしないそうなので、

ボランティアの特権だそうです。note

Tori266

鳥さんに合わせて、お薬を混ぜ合わせているところ。

Tori267

お薬をお水に混ぜて、直接飲ませる投薬方法。

(投薬方法は鳥さんの種類や性格で変わります)

Tori268

小型~中型インコの一人で出来る保定方法。

投薬の方法や保定のコツなど、スタッフさんのお話は、

とてもためになる、有意義な時間でした。

もちろん、放鳥タイムもとても楽しい時間。note

鳥さんたちが生き生きと飛び回っているからです。

あれ?トキちゃんが見当たらない。

スタッフさんに尋ねると発情中なので、放鳥は控えているとのこと。

でも「今はお客様もいないし、あと1時間だから」と、

トキちゃんを放鳥。嬉しい!heart←(実はトキちゃんファン)

さすがトキちゃん、期待を裏切らない絶叫&ダンス。notes

あまりに騒ぐのでスタッフさんがササッとトキちゃんのそばに、

ダンボールを置きました。大人しくなるらしいです。

けれどトキちゃん、ダンボールをすり抜けて、

ダンスしながら歩いています。←興奮を抑えきれず。up

Tori269

うちのももきちも、あまりに嬉しい時、

ダンスと徒歩が混ざって変な歩き方になります。happy01

元気なトキちゃんを見ることができて嬉しかったです。heart04

今回体験して、何がボランティアに一番必要なのかわかりました。

鳥さんへの愛情?きめ細やかな心使い?

いいえ・・・それは(若さとsweat02)体力です・・・。

ボランティアはとても有意義な体験でした。

自分の体力を見つめ直すきっかけにも。。。gawk

******

前回のブログで書いたヨウムの絶滅の危機を救う署名数が

目標に達したとのことです。愛鳥家の想いが、

CITESに向けて強いメッセージになると良いですね。clover

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

|

« 納品情報→MOREさん。TSUBASAさん。 | トップページ | 今夏の出来事。 »