« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

納品情報→MOREさん。

BIRDMOREさんへ納品しました。

ここ数年、私がメインで制作している陶芸というものは、

「こんな感じのものを作りたい」と思っても、

作業工程がとても多いので、数日では仕上がりません。

手作りの陶の作品をひとつ仕上げるには、

早くても半月~数ヶ月単位です。今回納品した作品も、

制作した時期は1~2月初旬頃から制作を始めたものです。

とても時間がかかるけれど、かかった分だけ愛おしいです。

色々な子たちが出来ました。ぜひ、ご覧ください

Pottery192

前後で2ポーズの、ごきげんなヨウムちゃんの器です

Pottery193

オカメちゃんの小物入れ。久しぶりに制作しました

Pottery194

「ハイ!」と元気なセキセイちゃんの小鉢です

Pottery195

ブルーの水玉が爽やかな、ヨウムちゃんマグカップ

Pottery196

楽しくお散歩している2ポーズのセキセイちゃん

Pottery197

お花柄の小物入れに、ちょこんとお座りセキセイちゃん

Pottery198

やわらかなイエローカラーのおねむなセキセイちゃん

Pottery199

今回もぽってりと可愛いらしい、清楚な白文鳥さん

Pottery200

「何かご用?」とこちらをチラリ。おしゃまなセキセイちゃん

Pottery201

ず~っと作りたかった新作の可愛い豆皿たちです

手のひらサイズですが、作陶から絵付けまで、

大きな器と、全て同じ工程で仕上げています。

指輪やピアスなど、ちょっとした小物を置くのに便利です。

Pottery202

「あそぼ」とオカメちゃんから、可愛いメッセージ

Pottery203

小さくて可愛いセキセイちゃんは、いつでも「よいこ

Pottery204

モモちゃんに「すきよ」攻撃されたらメロメロです

Pottery205

シロハラちゃんから毎朝「おはよ」のメッセージ

Pottery206

マメルリハちゃんから「ごはん」のおねだり

その他にもヨウムちゃん・コザクラちゃん、

アオボウシちゃん他、色々なインコちゃんを制作しました。

それから、ブローチたち。初挑戦の子もいます。

Pottery207

作ってみたかったアカビタイムジちゃん。可愛いね~

Pottery208

色んな鳥種にチャレンジしたい。コガネメキシコちゃん

Pottery209

ゴロンゴロンがたまらない魅力のシロハラちゃん

Pottery210

・・・猫をかぶってる・・・・・?おすましモモちゃん

Pottery211

オカメちゃんブローチを付けて、一緒におでかけ

今回は、いつもよりたくさん納品しました。

(ここに紹介した子たちは、ほんの一部です)

いつも、ご覧いただきありがとうございます。

お気に入りが見つかりますように

*************

TUBASAさんの『とりッず』のサイトが

『とり村通販サイト』へお引越ししました。

とり村限定品があったり、鳥さんのおもちゃやご飯なども

充実しています。ぜひ、ご覧くださいね

にほんブログ村 鳥ブログへ

|

なっぴと見た空。

Hana61

3月中旬のみもざが満開だった家の庭。

みんなで、暖かい日にひなたぼっこをしてた。

いつも決まって、ぎょぴは鳴いて、ももは日陰に、

そして、なっぴは水浴びのマネをする。

なっぴと見た、キレイな青い青い、春の空。

まだ悲しみが、波のようによせては返す。

でも、なっぴはいつも強気で前向きな子だった。

いつまでも、くよくよしてたら笑われちゃうね。。。

今日、作品をいつもよりたくさん詰めて納品しました。

たぶんまだ、私自身・・・少し時間が必要なのです。

私は、鳥さんと一緒にいる時の幸せな気持ちを形にしたい。

そして鳥さんが大好きな皆さまへ、お届けしたい。

鳥さんといると、こんなにも幸せだよね。

可愛い声に、姿に、仕草に、癒されるよね。

鳥さんが、大好き・・・

本当に大好きっていう、気持ちを込めて。

元々、メンタルが弱いので、鳥さんに一大事があると、

すぐしょげちゃうんですけども・・・

ずっと後回しにしていたお部屋の片付けもして、心を整えます。

|

愛鳥なっぴ天国へ。

なっぴが旅立ってしまいました。

1週間、泣き疲れて眠る日々でした。

ひとつ前のブログが・・・

まるで予言のようになってしまいました。

気持ちを整理するように少しづつ、

その時の出来事、なっぴの頑張り、気持ちを、

文章にしました。とても長いのでブログではなく、

HPの愛鳥ページ(*my birds)にUPすることにしました。

読んでいただける方は、こちらへお願い致します。

出会いがあれば、必ずいつか別れが訪れます。

こんなにも悲しくて苦しい思いをするけれど、

一緒に過ごした日々はかけがえのない時間です。

そして、この悲しい経験、後悔、想いを忘れず、

今一緒にいる子たちを守る力に変えていきます。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »