« 大きな地震です*追記(3/11~15) | トップページ | 元気君の奇跡。 »

被災鳥へのサポート*追記(3/19~23)

2011.3.19

キビタイボウシの『元気君』です。

Photo

ウチのキビタイは 男の子です。
《名は体を表すとはよく言ったもので、》
まさにそのまんま
名前も“ 元気君 ”です。
ラテン系ノリノリ男(落ち着きないともいう)
ほとんど 人見知りなし、人が大好き
(勝手に写真ペタンしてしまいましたが)
雨、雪、強風の日 以外はほとんど毎朝
玄関先のここで 道行く集団登校の小学生や通勤の方に
「いってらしゃ~~~い」「おはよ~~」と声がけをしています。
無言で通り過ぎると「おへんじは!!」「はぁ~いでしょ!!」
「はい。よくできましたあ~~~」

毎朝、玄関の扉を開けて見せないと うるさいのです。
さすがに今の時期は寒いので 肩に乗って庭を一回りすると
無口なまま納得するようです(笑)
これから暖かくなると いつまでも居て 家に入れるのが大変です。
元気のお陰で 私たち家族は今日も楽しく過ごしております。

* * * * * *

私達と何ひとつ変わらない愛鳥との生活シーンです。

今年開いたWebshopのお客様で宮城県在住の方、

3月3日にP-works宛に届いたメールの一部です。

ご本人の了承を得ずブログに載せること、

すごく迷ったのですが、この記事に

気づいていただけたらと思い、載せる事にしました。

そして、はっきりと意思表示をしなければ、

伝わらないと思いました。

うちはマンションですが、生活が落ち着くまでの間、

『元気君』をお預かりできたらと考えています。

このメールの時の愛鳥との楽しい生活が再び訪れるように。

大切な鳥さんをお預かりするのですから、

自分の愛鳥と同等に、サポートしようと決めています。

ご無事に避難されていることを信じて、

連絡を待ちたいと思います。

それからTSUBASAさんが鳥さんのレスキューを表明されています。

TSUBASAさんへ義援金の募集が始まったらご協力したい。

そして、今の私にできること。

元気君のオーナーさんがとても喜んでくれたように、

愛鳥家の皆さんのために、作品制作をすること。

(今は節電中なので陶芸窯は使えませんが)

それはP-worksを立ち上げた一番の喜びでもあります。

気分もふさぎ、こんな状況だし、と思って納品も控えてましたが、

BIRDMOREさんへ納品をしたいと思います。

そして、その売上金を元気君のサポートに回したい。

私の地区は現在計画停電エリアで、暗闇の中で

食事することもありますが、心は前向きでなくては。

1羽でも多くの鳥さんが助かるよう、上を向いて、

一人一人、自分の出来ることを行動に移しましょう。

* * * * *

2011.3.20

3/23 BIRDMOREさんへ納品予定です。

納品作品はMORENESTでUPされましたら、ご覧ください。

宜しくお願いいたします。

* * * * *

2011.3.23

昨日も計画停電に続き、

今朝は数回の余震と上空を飛ぶヘリコプターの音。

ここ最近、鳥を守る夢で目が覚めます。

私も含め、愛鳥家の方は皆、思ってる。

被災鳥のために何かしたいって。

けれど、愛護団体の具体的な活動の、

フード支援やお預かりは現地や避難所で、

被災者発信で、初めてヘルプできる。

街を歩いている犬・猫はレスキューできても、

籠の中で被災にあった鳥、また逃げてしまった鳥に、

どれだけの手を差し伸べられるだろう。。。

TSUBASAさんの義援金募集が始まりました。

鳥にとって、どのような形でのレスキューが最適か、

きっと試行錯誤だろうと思います。

それでも、皆の気持ちが実を結んで、

避難所に入れないで困っている愛鳥家がいたり、

鳥たちが1羽でも助かるのであれば、希望を持ちたい。

TSUBASAさんが開放してくださる施設が、

再びオーナーさんと楽しい暮らしが始まるまでの、

鳥さんのひとときの安らげる場となりますように。

|

« 大きな地震です*追記(3/11~15) | トップページ | 元気君の奇跡。 »