« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ピンクとグレーの境界線。

今日、関東は雨です、こんにちは。rain

作品制作のお話ですが、鳥さんの作品を制作する時、

私は触れたことのある鳥さんが一番制作しやすいです。

可愛さとか、特徴とか、しぐさがわかるから、

制作する時に想いを込めやすいからです。chick

図鑑を見てスケッチした鳥さんと、

実際手に乗せたり、なでたりした後では、

まったく仕上がりの可愛さが違います。そしてできるだけ、

オーナーさんと一緒にいる鳥さんを見るよう心がけます。

鳥さんが一番可愛いくて、一番リラックスしているのは、

やっぱりオーナーさんと一緒にいる時だと思うからです。

さて、そんな風にして色々な鳥さんを観察しますが、

うちのももきちの様に、足がグレーの鳥さんがいます。

大型インコは特に多い気がします。

ももきちが興奮時に頭上の羽根をたてますが、

その時に見える皮膚はピンク。作品では羽根色が重要なので、

羽根に覆われた見えない皮膚は関係ないのですが、

頭の皮膚はピンク、足の皮膚はグレー・・・

おや??

気になりませんか?どこが境界線なんだろうって。catface

首は、かいてあげている時にチェック!ピンクです!

・・・もしかして、ももきちは腹黒?(思いあたらなくもないsweat02

気になる・・・気になる・・・

「も~もちゃん!おいで~。ちょっと、お腹を、ね?

ちょっとだけだから、ね?」

ももきち、怪しがってます。

「何~。なんか嫌な感じ~。」

「ちょこっと、お腹見せて♪ももちゃんは可愛いね~♪」

「何かやだ~。そこ、さわられたくないんだけど~。」

なんとかももきちをなだめながらお腹の羽根をちらっ。

ももちゃんのお腹、ピンクです!腹黒疑惑払拭!

・・・と、いうことは足の付け根が境か??

足の付け根は羽根が密集して、なかなか見えません。

白オカメは頭のハゲも足もピンクなんだけどな~。

いつかももきちのすきを見て、境を確認したいです~。happy01

Tori116

「そんな興味の持ち方、大迷惑なんですけどぉ~。」

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

|

水浴びとキジバト2010。

GWがあっという間に終わりまして、皆さん、こんにちは。chick

私は前半張り切りすぎて、後半は風邪をひきました。

喉→熱→せき→鼻と、久々に全ての風邪症状、体験中。wobbly

作品のリクエストをしてくださっている方々、

(それでなくても遅いのに)申し訳ありませんが、

のんびりとお待ちいただけると嬉しいです。

GW中、関東はとっても良いお天気だったので、

鳥さんたちは、ひなたぼっこ&水浴びを満喫です。sun

Tori111

水浴びに興奮中のももきち。全ての羽を逆立ててます。

Tori112_2

ぎょぴも久しぶりの水浴びに大喜び。太陽の下でわくわくです。

水浴びをさせると・・・ぴなとぴよちゃんを思い出します。

当時ぴなが最年長のオカメで、オカメ3羽で水浴びの時に、

他の2羽の羽根は水をはじくのですが、ぴなはびっしょり。

年をとって、羽根が水をはじきにくくなっているようでした。

そして現在。今度はぎょぴの羽根が水をはじかなくなってきました。

ぎょぴも今年で14歳。もうそんな年なんだなぁと・・・。

Tori113

同じ様に水をかけていますが、こちらは水をはじく、若いなっぴ。

Tori114

こちらは、ぎょぴ。羽根がふわふわになるまでお外に出します。

ぎょぴはうちのオカメの中で、唯一雛から育てたので、

年齢がはっきりしてます。高齢になりつつありますが、

まだまだ、元気に頑張ってほしいぎょぴちゃんです。up

さて、GW中の出来事をもうひとつ。

なんと!今年もキジバとうさんとキジバかあさんが、

うちの庭で巣を作り、卵を産んだのです!

Tori115

けれど・・・

昼間にバタバタっと騒がしい音がしたので外を見ると、

またしても、カラスが卵をくわえて飛んでいったのです!bearing

あぅ~・・・ カラスのバカ・・・。

鳩って何故か、襲われても声を出さないんですよね。

オカメやモモは異変に気づくと、ギャアギャア騒ぐのに。

カラスが怖すぎて声が出ないのかな?

(なにしろ、あの色に、あのクチバシだし)

でも鳩が「ポッポー」や「クルックー」って反撃してもねぇ。。

遠くでカラスが鳴いている中、

電線にとまってボーっとしているキジバかあさん。weep

野鳥には野鳥の世界がありますが、

カラスが入れない巣箱を作るのは、どうだろう??と、

考えてしまう今日この頃です。think

にほんブログ村 鳥ブログへ chick

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »